【東京の店舗デザイン会社おすすめ5選!】店舗内装やお店の建築設計・施工に評判の業者を厳選!

高級焼き鳥店の店舗デザイン・設計を考えるポイントは?

毎年のように東京では飲食店など新しく開業していますが、お店を繁盛させるためには店舗デザインは具体的にしていかないといけません。高級焼き鳥などを提供するお店ではどのようなデザインが妥当なのか、どう選んだらいいのかわからないこともたくさんあります。

ノウハウを知って取り入れるには専門業者に任せることがベストで、お客様の立場と使用する立場を考えたデザインが豊富に揃っています。

 

オリジナリティが出せる個人店舗

店長やオーナーの人柄や雰囲気を出すことができるのが個人店舗になりますが、高級焼き鳥を提供しているお店でも増えてきています。たくさんあるチェーン店とは違った唯一無二のタイプになるために、最もこだわったデザインの影響を受けやすいということがいえます。

専門に任せる店舗デザインでは、お客様を集客できるオリジナルを求めることができますし、またトータルプロデュースをやってもらうことも可能です。また焼き鳥などの飲食店ではアルコールの提供が必須なこともあり、どれだけスタッフが動きやすい環境にできるのかも大きなポイントになります。

個人店の特徴としては初めての開業という人が多く、既定のデザインではなくこだわりを実現させるだけの提案もすることが大事になり、清潔感が求められます。専門業者によってはアフターフォローもしっかりとやってくれるのと、高級感を出すことに予算内でしっかりと仕事をしてくれるところが魅力です。

焼き鳥は「おやじが通う」というイメージから脱却して高級感を出すには、ありふれたデザインではなく時代に即した控えめな作りも必要になります。

 

わからない物件情報までプロデュース

高級焼き鳥を店舗デザインを考える時には、ヒアリングや現地調査をやってくれる業者もあり、見積もりはもちろんデザインの提案を無料でやってくれます。また物件探しのサポートや引越しまで面倒を見てくれることもできるのは、分業されていた仕事を一手に引き受けることで余計なお金がかからないポイントです。

特に物件探しなどが難しいのが、ターゲットを絞ることで高級焼き鳥店をやる場合には、ただ人通りが多ければいいというわけではありません。周りの富裕層がどのくらいいるのか、またファミリー層よりも独身貴族が通っているようなカジュアルなスタイルも確立する必要があります。

どのような要望にもこたえてくれる姿勢があるために、ひとつの店舗を作っていくにも業者選びがとても重要になることがわかってきます。働くスタッフも通いやすいというメリットがある物件を見つけることができるのは、やはり専門的な知識や見識があるからだといえます。

 

馴染みのあるクオリティの高さを重視

高級焼き鳥の店舗を目指していくならば、やはり見た目の印象は必要不可欠で清潔感のある焼き鳥屋というイメージを出していかなくてはいけません。そのために利用しやすいのは古木を使った店舗作りになり、高級感がありながら昔懐かしい雰囲気をかもし出すことでお客様の目に留まるようになります。

日本人にとっても馴染みが深いのは森林を使って住宅や建物が建築されているからで、そのイメージが安心感と清潔感を併せ持たせることができます。店舗デザインではお店の入り口から木目調の入りやすいイメージにして、中でもイスやテーブルなども木を使った高級感を出すことでひとつの品が美味しくなります。

 

個人店舗ではオリジナリティを出すことができますし、無駄な高級感ではなく落ち着いた感じにすることで働きやすさも生まれます。また物件を探して細かなところまでプロデュースをしてくれる業者まであるので、店舗デザインだけではなく総合的に頼りになるのはありがたいです。

高級焼き鳥の店舗デザインは清潔感が高く安心できる雰囲気のお店を演出することにあり、ところどころに細かな配慮があることでリラックスして食事を楽しめます。

 




サイト内検索
東京の店舗デザイン会社一覧!
記事一覧