【東京の店舗デザイン会社おすすめ5選!】店舗内装やお店の建築設計・施工に評判の業者を厳選!

店舗デザインの色には注意しよう

自身のお店を持つことができ、これから内装を作っていこうと考えているのであれば、その時には店舗デザインの中でも色に関して意識していかれるといいかもしれません。

お店のカラーを決めるのは今後の運営においても重要なことで、集客効果や模様替えにおける自由度などにも影響が出てきます。

そこで、どのようなポイントを意識するべきか考えていきましょう。

 

カラーデザインはお店の顔になる

 

飲食店であれば美味しい色、販売店であれば販売するものに合わせた色を選んだりと、カラーを考える時にはぴったりのものを選ばなければなりません。

カラーを考えていけば、それは集客効果に繋がってきますし、抵抗感なく多くの人たちを引きつけていくことができます。

また周りの雰囲気や風景との調和を考えることも大切で、ただ目立つ色にしたとしても、逆に入りづらいお店になる場合もあります。

また目が疲れるような色合いばかりを利用していると長時間お店を回ってもらうのに不向きとなりますので、販売する商品や行うサービスに合わせてマッチするカラーデザインを選んでいきましょう。

 

インテリアとの調和を考えていく

 

店舗の運営を行うのであれば、店舗内のインテリアを充実させる必要があります。

例えば商品陳列の棚であったり、休憩用のテーブル、その他にも自身たちが働く場所のインテリアを揃えることも重要です。そして家具選びに欠かせないのが店舗内のカラーとなってきます。

もしも家具などと壁の色が合わなければ、1つ1つはオシャレでも統一感がなくなってしまうため、インテリアを選べる範囲がかなり狭まると言えます。そのため、今後追加のインテリアの導入を考えていたり模様替えを考えていたりするのであれば、店舗カラーを決めることから始めていきましょう

最終的な完成のデザインをイメージしていけば計画的に色合いを決めることができますし、もしもイメージするのが苦手だというのであれば、紙に書き出して色を塗ってみるといいでしょう。

また自身で決めきれないという時には家族や友人などに店舗カラーを見せてみて意見を聞いてみるといいでしょう。合わせてコンセプトなどを伝えておけばきっと良い意見を聞き出すことができるのではないでしょうか。

 

プロの意見を参考に計画していこう

 

店舗の内装を決めていかれる際には業者の利用を検討するという方も大勢いらっしゃいます

業者の中にはアドバイザーのようにデザインを提案してくれるサービスを行っている場所もあり、自身のイメージを伝えていくことでオシャレな内装のアドバイスをもらうことができます。またどのようなカラーがイメージにぴったりなのか聞き出すこともできますので、参考として相談を持ちかけてみられるといいでしょう。

また自身のデザインを軸にデザインしていきたいというのであれば、あらかじめデザインを見せておき、修正部分などをプロの業者の方から行ってもらい、肉付けをしてもらえば、自身の粗を全て綺麗にした店舗デザインが行えるでしょう。

もしも後から色が気に食わなくなり、塗り替えを行いたくなるということもあるでしょう。その時には塗り替えが簡単に行える素材などを利用しておき、急な改装においても短期間で完了できる状態にしておくといいでしょう。

デザインを考える際にはインターネットなどで参考にできそうなものを見つけておき、その中の良い部分を見つけていけば、誰もが納得のいく場所を作り出すことができるでしょう。

 

店舗カラーをしっかりと考えていけば、居心地の良い空間を作り出すことができます。

アンティーク調のお店ならこの色が使えそうだと考えてみたり、このサービスならこのカラーにしようなど、ある程度、カラーバリエーションを限定しておけば、悩みすぎるということを防ぎ、素早くオシャレなお店が作れるようになるでしょう。




サイト内検索
東京の店舗デザイン会社一覧!
記事一覧