【東京の店舗デザイン会社おすすめ5選!】店舗内装やお店の建築設計・施工に評判の業者を厳選!

居酒屋の店舗デザイン・設計を考えるポイントは?

居酒屋は常に入れ換わりの激しい業界だと感じます。大手のチェーン店以外のお店は、なかなか定着せず、同じ場所で知らぬ間に別のお店がオープンしているなんて状態をしばしば見受けることがありますが、それでも居酒屋の出店が止まらないのは、当たればきっと大きな利益が入って来る算段があるからなのでしょう。

しかし、流行っているお店、評判の良いお店程、店内は洗練され、ゲストの気持ちをグッとひきつけるようなさまざまな仕掛けや、サービスがあるのと同時に、店舗スタイルもおしゃれですよね。

居酒屋の出店にあたり、どのような店舗デザインが望まれるのでしょうか。

 

注文からサーブまでの時間を短縮する導線

居酒屋メニューはとにかく豊富で、その一品一品のお値段は総じて手頃な感じです。低い単価で売り上げを伸ばし、利益を確保するためには、商品の回転率をいかに上げるかということになるでしょう。

注文されてから、ゲストのもとに運ばれて来るまでの時間が短ければ短いほど回転率があがるので、注文のミスがあったり、待たされたとなると、きっとたちまちゲストが離れてしまうので、商品回転率をアップさせるための、ゲストとスタッフの導線が被らないように設計されているかが、大きな経営的なポイントになると感じています。

レジの位置、トイレの位置、スタッフの立ち位置、更に重要なのは、料理が作られる厨房の広さと調理器具の配置、戻って来た食器の洗浄から再提供できるまでの時短など、回転率が上がるような工夫こそ居酒屋の鉄則だと感じます。

 

コンセプトに合った内装と綺麗なトイレ

居酒屋ではお酒が入ることで、さまざまな人間模様が繰り広げられる場所でもあります。時には、トラブルも起こるかもしれません。だからこそ求められるのは、また行きたいと思わせる料理の味が一番ですが、きちんとしたコンセプトに沿って店舗デザインがされているかどうかと、女性客を捕まえるためには、何といっても清潔感があることと、綺麗なトイレも大きなポイントになって来ます。

和風なのか、洋風なのか、肉料理メインなのか魚料理がメインなのか、音楽が流れムーディーなのかワイワイと楽しく飲める大衆酒場的なのかなど、出店する場所も含めて、コンセプトに沿って設計されていくのが望ましいでしょう。

また、古い物件をリノベーションして使うなど、デザインのセンスが問われるのも居酒屋の特徴のように感じます。

 

駅近かタクシーが直ぐ拾えるかなどの場所も重要

居酒屋でお酒が飲めないのなんていうのは、下戸の方以外は何とも寂しい限りです。そして、当然ですが車の運転は絶対にNOが前提となるお店です。従って、立地場所を選ぶのも重要なポイントでしょう。

駅に近く終電には必ず間に合う。お店の前で直ぐにタクシーが拾える。代行車が直ぐ来るなんていうのも、きっと店舗デザインをするうえに置いては重要です。駅近だったりする場合は、おそらく地価が高いので、こうした場所に出店した場合には、借地料、家賃などに対する懸念や不安さえも、トータルで考えて設計してくれる業者を見つけることも重要になって来ますね。

 

乱立気味でありながら、やはり居酒屋のある街には人が集まります。そして、魅力的な料理の数々は、お酒の席を大いに盛り上げます。だからこそ、居酒屋は新しい人やさまざまな料理とが出会う場所でなければいけないのではないでしょうか。

そのためには基本となる店舗デザインが、絶対に人と料理の導線を切らないように設計され、尚且つ、清潔であることがミソになって来るでしょう。しっかりとコンセプトを組み、オーナーと設計会社さんとが、お互いに理解しあって開店されることが成功の鍵ではないでしょうか。

そして、人とお料理とが、とっておきのお酒を介して回り続ける。そういうお店にきっと人が引き付けられるようにやって来ます。そんな場所であって欲しいですよね。

 




サイト内検索
東京の店舗デザイン会社一覧!
記事一覧