【東京の店舗デザイン会社おすすめ5選!】店舗内装やお店の建築設計・施工に評判の業者を厳選!

店舗デザイン会社に依頼する際に準備しておくべきこととは?

公開日:2018/12/21  

どんなことも、あらかじめ実施すべきことをリストアップしておくことで、さまざまなトラブルを回避することができたり前もって念入りな準備ができます。

事前準備に時間をかけるのは手間暇掛かりますが、労力をかけた分だけ希望に沿った店舗づくりに近い仕上がりにできるでしょう。

自分だけでなく、工事を担うサイドからしても、要領よく作業が進行できるメリットがあります。

店舗デザイン会社にお願いする際に準備しておくべきポイントを押さえて整理することは非常に大切といえます。

 

明確にリクエストを伝える準備が重要です

店舗のデザインの工事を推し進めるにあたってはたくさんの専門課程が存在しますが、把握できないと丸投げしないで、まず第一に自身で想定できる項目をリストアップしてみましょう。

工事を担うサイドからしても、リストがあるとないではとても大きな差があります。

相互に情報共有することを通じて信頼感を得ることができ、コミュニケーションもとり易く、無用な時間を省くことが可能です。

漏れがないリストは、短い時間でリクエストを伝達することができる頼もしいツールとなることができるでしょう。

 

工事会社とのトラブル回避のためのポイント

リストは依頼側のみならず、担うサイドにとっても頼もしいツールです。

そのためにも、リクエストを強引に押し付けるスタイルとなってはいけません。

辻褄が合わなかったり、有耶無耶な表現などは避けた方が良いでしょう。

それに加えて、どれほどパーフェクトなリストづくりを行なっても、プロジェクトとして実益や費用面を無視した中身では、担う内装工事会社との相互信頼が生じることはありません。

内装工事会社とのさまざまなトラブルを回避するためにも、実際にイメージできるリストを作成しましょう。

きちんとした提案することができれば、高い評価を得ている内装工事会社を探すことも可能になるでしょう。

それに加えて、迷う点や明確になっていない箇所もあらかじめリストアップし、疑問点は内装工事会社に見積もりをお願いするまでにできるだけクリアしましょう。

内装工事会社は明らかになっていない点があると、工事費という形で計上し、赤字を避けるケースがあります。

料金的なリスクを犯さないで、見積もり金額のカットにもつながるよう解消しておきましょう。

 

内装費用と店舗のコンセプトに関する重要ポイント

実行したいことはある中、費用面となると相場が判断できなかったり等、なかなか工事会社へ手際よく予算を伝達しきれないケースがあります。

そのようなとき、工事会社からの提案もありますが、プランニングや予定している予算を外れては無駄足となります。

それなりの上限を決定し、断固とした態度で依頼することが必要です。

また、開業の時、いくつかの会社に見積もりをお願いすることはしばしばあることです。

その内容は、お願いする工事会社へはあらかじめ報告しておくことが重要になります。

相互に現状を受け止めることで、相互信頼を損なわずに必要な作業を進めることが可能です。

また、内装のデザインや外見上の良さも求められますが、どういった店であるか、現場を踏まえての運営の仕組みや手順はきちんと固めておきましょう。

たとえば、飲食店のケースでは座席数、あるいは料理の提供の手法、物販店のケースでは商品数や販売形式です。

あいまいなイメージでなく、きちんとしたコンセプトを立てましょう。

また、具体的に店のコンセプトにピッタリ合う写真などを集めて、第三者にも直感的に認識できるようにしておきます。

抽象的表現や言葉だけでは受け取るサイドの解釈にバラツキが出ています。

 

開業時には実施すべきことが非常に多く、わからないことも多く見られますが、あらかじめチェックリストの準備をしておけば要領よく開業が進められます。

懸案事項はその度ごとにクリアし、曖昧なところがないようにすることが重要になります。

店舗デザイン会社に依頼する際に準備しておくべきこととして、具体的にリクエストが伝達できれば、時間も精神的にも余裕ができるでしょう。

東京の店舗デザイン会社一覧!
株式会社山翠舎の画像
記事一覧