【東京の店舗デザイン会社おすすめ5選!】店舗内装やお店の建築設計・施工に評判の業者を厳選!

店舗デザインをするには何か資格が必要?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/07/30

オシャレに敏感でハイセンスな人が多い東京都内では、店舗デザインの善し悪しも集客力に大きな影響を与える要素なってきます。

機能性だけでなくデザイン力もしっかりと磨くことは店舗の内外装の設計の仕事をするうえでは重要な要素となってきます。

店舗デザインを考えるだけであれば資格はいらない

店舗デザインを仕事にしている人は、いろいろな方がいますが、イメージを考えるだけを仕事にしている場合には、資格などを持っていない人も多くなっています。

建築設計業務と併せて店舗デザインの仕事を受注する場合、建築設計者として、一級建築士や二級建築士などの資格を持って仕事をしている人もいます。良いデザイン案を考えてプレゼンするだけであれば、特別に資格を持っていることを要求されることはありませんが、受注する仕事の範囲によっては、業務を行ううえで資格が求められることがあります。

店舗をお洒落な雰囲気にするためには、来店した人が感じる印象を良くすることが大切になります。カラーデザインなどを担当している人は、基礎的な知識としてカラーコーディネーターの資格を持っていることもあるでしょう。そのほか、照明を使って雰囲気を演出している人などは、別途電気関係の資格を持っている人もいます。

デザインイメージを実現させるために、小規模な工事は自社で実施しているという設計会社もあるので、そういった会社の場合には工事関係の資格を持っていることもあるでしょう。店舗デザインを実施するだけであれば、特別に資格を求められませんが、業務の幅を広げたいという場合には、別途さまざまな免許等を持っていることが必要です。

デザイン力を上げる努力をする

資格は確かにいらないですが、店舗デザインの力で勝負することが東京では求められるので、設計関係の仕事に携わっている人は、日頃からデザイン力を上げる努力をすることが必要となるでしょう。建築士などの資格を持っている人は、実物の設計に携わることが多いので、現場などでお洒落で印象の良いデザインについて、情報を集めやすいというメリットがあるでしょう。

デザイン力を上げるためには、必須ではありませんが、インテリアコーディネーターやインテリアプランナーなどの勉強をすると知識が身に付くことでしょう。デザイン力がある事務所と連携をして仕事をすることも有効な方法となるでしょう。

デザイン事務所は建築士との連携が必要

店舗デザイン、特に飲食店のデザインでは、居心地の良さに配慮した設計をすることがとても重要となります。雰囲気の良い店作りが得意なデザイン事務所などがあれば、協力しながら設計を進めていくと良い店舗つくりができるでしょう。

建築士を持っていないデザイン事務所の場合、建築工事に伴う確認申請が必要となる場合には、手続きができる事務所との協力が必要となるので、お互いに助け合いながら仕事をしていくことができるでしょう。

工事を実施する事務所などでは、工事規模のよっては建設業の許可なども必要となるので、そういった会社との連携も重要となるでしょう。

 

東京の多くの人が集まるエリアにある飲食店やバーやアパレル関係の店舗については、店舗デザインの善し悪しで集客力に差が出て来ることになります。

資格を絶対に持っていないといけないわけではないですが、デザイン力はとても重要となります。そのため、デザインの知識や経験を積むか、優良なデザイン事務所との連携を強化することが重要です。

デザイン事務所についても、建築士が必要となる設計となる場合には、そういった事務所との連携をすることで、仕事をスムーズに進めていくことができるようになるでしょう。

東京の店舗デザイン会社一覧!
株式会社山翠舎の画像
記事一覧