【東京の店舗デザイン会社おすすめ5選!】店舗内装やお店の建築設計・施工に評判の業者を厳選!

店舗デザイン業者に依頼する前に準備しておくべきこと

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/06/10

東京で店舗デザインを依頼する場合には、事前の準備がとても重要になります。

店舗デザインの準備といっても初めておこなう場合にはいったい何をしたらいいのかわからない人も多いはずです。

そこで、どのような内容を準備したらよいのかを説明してきます。

 

どれぐらいの予算になるかを計算してお金を用意する

店舗デザインには必ずお金がかかりますが、いったいどれぐらいのお金がかかるか見当がつかない人も多いはずです。そこで、まず業者に依頼して見積もりをお願いしましょう。

見積もりの段階では、契約が成立していないことがほとんどになりますので、本格的な契約をする必要はありません。もし、その業者が出した金額で問題なければそのまま契約してもよいでしょう。

見積もりでおおよその金額がわかったならば、次にお金の準備が必要になります。すでにお金があれば準備は必要ありませんが、見積もりの金額に満たない場合にはお金を借りて来なければいけません。

一般的には、銀行で貸してくれそうですが、小さなお店の場合やはじめてお店を作る場合には銀行が貸してくれることはあまりないでしょう。貸してくれることがあるとすれば、それ相応の担保がある場合です。

例えば、自宅を所有しておりその自宅に担保がついていなければその自宅を担保にしてお金を借りることは可能でしょう。ですが、担保がない場合には別の方法でお金を用意するしかありません。

その方法とは、公庫からお金を借りるパターンです。公庫は、各地方自治体で管理・運営しています。500万円から1.000万円ほどのお金を借りることもできます。ただしこのとき、面接が必要になることと事業計画書の提出が必要になりますので事前に準備をしておくほうがよいです。

 

業者のデザインをよく確認しておく

業者を選ぶ場合には、いくつかの業者を比較することが重要です。なぜかといえば、設計をしてくれる業者によってデザインの方向性が全く異なるからです。

例えば、飲食店の店舗デザインを得意としている業者がある一方で、アパレル関係の店舗デザインを得意としているところもあります。また、大規模な店舗デザインを得意としているところもあれば小規模なところのほうが得意な業者もあるわけです。

このように、それぞれ専門がありますのでまずは自分が気に入ったデザインの業者を選ぶようにしましょう。その業者が手掛けたデザインは、たいていホームページなどに掲載されています。

ホームページの写真を見たときに、ピンとくればそのまま申し込んでみてもよいでしょう。あるいは、実際にその店舗にお邪魔をしてリアルな雰囲気を味わうことも重要です。画像や写真で見る場合と、本物を見る場合ではまたイメージが異なるからです。

後は、場所で選ぶことも重要でしょう。例えば、いくらお気に入りの設計事務所があったとしても、その設計事務所の場所があまりにも遠い場合には打ち合わせなどの面において困難が生じます。打ち合わせは何度もおこなうことになりますので、それだけ時間的にも金銭的にも大きな負担になりかねません。

 

アフターフォローがあるかを事前に確認する

店舗デザインをしてくれる業者を選ぶ場合には、アフターフォローがしっかりしているかを確認しておくことも重要になります。アフターフォローとは、店舗ができ上がってから何かトラブルが発生した場合、無料でフォローしてくれる仕組みです。

基本料金が安いところでも、アフターフォローがしっかりしていなければ結局余分にお金がかかってしまう可能性があります。そのため、アフターフォローを含めて総合的に判断をするべきです。

 

東京都で店舗デザインを業者に依頼する場合には、まずお金をしっかりと準備しておかなければなりません。お金は、銀行で借りることもできますが、それが難しければ公庫などを利用する方法もあります。

次に、業者のデザインを事前にしっかりと確認しておきましょう。それぞれ得意としているデザインがありますので、より自分たちにふさわしい業者を選ぶことが大事です。さらには、アフターフォローがあるかも確認が必要になります。

東京の店舗デザイン会社一覧!
株式会社山翠舎の画像
記事一覧