【東京の店舗デザイン会社おすすめ5選!】店舗内装やお店の建築設計・施工に評判の業者を厳選!

高級和食の店舗デザイン・設計を考えるポイントは?

いつかは自分の店を持ちたい。開店したい。ということは、きっと多くの料理人の目標でしょう。そのために厳しい修行を積んでいるわけで、その大きな目標に向かって絶えず自分の腕を磨かれていることでしょう。

一方で、料理人の願いとは裏腹に、ゲストは味のみで、行きたいお店をチョイスしているわけではありません。場所、店内の雰囲気、スタッフの接客やマナー、そして、味となり、一番知って欲しい味は、ファーストインプレッションの中では、最後の方です。

お店に来ていただかなければ、味も知っていただけないわけで、そのお店の風格を成す店舗デザインを最優先に考えて開店することで、永年の夢が叶うのではないでしょうか。

 

目でも味わう和食の真髄を取り入れる

世界無形文化遺産にも登録されている「和食」は、単に日本のソウルフードというのみではありません。当然、味が素晴らしいのが大前提ではありますが、その背景には、伝統に裏付けされたおもてなしの精神があります。

そして、おもてなしは、ゲストがその場所に来て、味わって、帰っても尚、その余韻を味わうところまで配慮が行き届いて初めて、和食を味わうことだと考えられます。ですから、高級和食のお店を考えた時、最優先しなければならないのは、おもてなしを感じさせる空間作りではないでしょうか。

季節のうつろい、採光、旬の食材とそれを演出する和食器や小物の数々、こうした目でも味わうことができるオーナーのきめ細かな配慮が行き届いていれば、きっとそのお店は繁盛することでしょう。こうした「粋」なデザインを表現できる業者と一緒に、最高の店を造りあげて欲しいものです。

 

こあがり箱庭個室でゲストに最高のひと時を

人気の和食店の多くが、個室を用意しています。広間のような和室ではなく、あくまでも一組のゲストに対して一つの個室ということです。やはり、和食を味わいたい席は特別な空間ですから、誰かと一緒というような間取りでは、どんなに美味しいものを提供しても、高級和食店とはいえません。

そして、ひとたびその和室に入った瞬間から、おもてなしは始まっています。また、和食はやはり畳の席で味わいたいもの。ですから、椅子席よりもこあがりなど、靴を脱いでくつろげる「食卓」も、また重要かもしれません。

この時、すっと座った席から、やわらかい陽の光が射し込むような箱庭なども嬉しい演出となります。おしながきに手書きで添えられたお料理の数々、細部まで気の利いた演出こそ、和食の真骨頂です。

 

配膳も美しくスタッフの気遣いもお店の評価に繋がる

スタッフの動きも和食店にとっては命ではないでしょうか。特に配膳には気を使わないといけません。お出しする料理の順番、膳に置く場所、向き、グルメであればある程、こういった細かい所作もゲストは観察しています。

こうした細かい配慮を教育することは当然なのですが、やはり大事なのは、スタッフが動きやすい導線をしっかり確保する設計が求められるのです。

配膳の最中にスタッフ同士が上手にすれ違えない廊下であるとか、お皿が割れる音がしたとか、こうしたトラブルはあらかじめ店舗デザインの中に盛り込んで、スタッフがストレスなく配膳し接客に集中できる店舗設計をトータルで考えることで、オーナーが描く最高のおもてなしが実現できるのではないでしょうか。

 

高級和食は、その料理の味とお店の味がある様に感じます。ゲストに季節感を最大に活かす和食の真髄を楽しんでいただくためには、やはり日本の伝統美や格式も熟慮して、最高の店舗デザインができる業者とタッグを組んで、共に創り上げていくことが、和食の繁盛店に育てる第一歩ではないでしょうか。

おもてなしが味わえるそんな和食高級店に、多く出会いたいものです。初期投資は大きくなってしまうかもしれませんが、それ以上に特別な場所を演出すれば、きっとゲストの方から、そのお店を選んでくださるようになるはずです。

 




サイト内検索
東京の店舗デザイン会社一覧!
記事一覧