【東京の店舗デザイン会社おすすめ5選!】店舗内装やお店の建築設計・施工に評判の業者を厳選!

店舗デザインで床材にこだわってみよう

店舗を一からつくるにしても、一部分だけリフォームするにしてもデザインが重要です。

東京のデザイン会社に相談する際、床のデザインのみならず、材質にこだわるという相談もしてみれば繁盛店をつくることができるかもしれません。

 

内装にもこだわってみることがポイント

東京には数多くの店舗デザイン会社があり、大手チェーン店を得意とする会社から、個人店舗を得意とする会社、品質・価格・保証重視の会社など様々にあります。

対応してくれる業種を限定してはいないものの実績で選ぶことは意識したい点です。

飲食系・アパレル系・美容系・クリニック系など、どんな業種の店舗をデザインした経験があるのか、HPを参考にしてみましょう。

設計のみというパターンもあれば、一部改装に応じてくれるパターンもあります。

売り上げに繋がる繁盛店をつくるためにも、デザインはもちろん、作業導線の面も考慮しなければなりません。

来店客のことだけでなく、その店舗で働くスタッフのことも考えられたつくりでなければ意味がありません。

それは外観だけでなく、壁材や床材にもいえる内容です。

 

土足で使えるような素材を選んでみよう

コンセプトを店舗デザインに活かす、売り上げに繋げるためにも要となりますが、内装はこんな感じなどイメージに近い参考になる写真や雑誌の切り抜きがあるなら相談に行く際に持参しましょう。

デザイナーとの打ち合わせもスムーズにできます。

既存店ならば、多少手を加えるだけでも店内のイメージは様変わりさせられます。

例えば「床材にこだわってみる」ということも提案してくれるはずで、床材の種類も様々です。

木を使ったフローリング、タイルカーペットも挙げられますし、モルタルなども主流のようです。

高級感が出るのはタイル、しかし水場では素材の選定を間違えてしまうと滑る原因になります。

キッチンや美容室などの店舗には不向き、逆にメンテナンスが大変ではないモルタルがおすすめです。

ですが、タイルを使いたいのであれば、大判タイルがおすすめ、掃き掃除や水洗いも問題なくシャンプーブースや洗い場以外で使うのであれば、メンテナンスしやすい素材です。

本物志向、雰囲気を重視したい店舗の仕上げ材にはフェイク素材であるフロアタイルや長尺シートが利用できます。

基本、考えに入れるべきは、土足の使用に耐えられることでしょう。

特に、抗菌性も備えなければならないのはクリニック系です。

ですからサンプルでしっかり確認をしておきましょう。

 

素材に合わせて張り方で魅力的に見せる

足への触りを重視した床材が人気のようですが、その反面、コストパフォーマンス重視、デザイン重視の床材も魅力的に見えるようです。

床は壁同様に面積が広く、選ぶ素材一つで雰囲気が様変わりします。

経営者が決める際に重視するのは、コストと材質のどちらかといえば、材質と回答するアンケート結果になっています。

例えば、店舗コンセプトが自然であれば、無垢材のフローリングがベストでしょう。

自然食を提供する飲食店などでは、張り方に変化を付けたり、天然の風合いに仕上げることも可能です。

ブナやサクラ、スギやヒノキなどが一例ですが、自然素材は色や木目を思うようにデザインするのは難しく、東京には古木を使用した店舗デザインや施工の実績が日本一という会社もあるので、相談する価値は十分ありそうです。

化粧シートでも、木目模様などが印刷されているため使い勝手はよさそうです。

壁の色と合わせることも、お気に入りの模様を楽しんだりできる上、防水・遮音加工が施されているのでファミリーレストラン向きでしょう。

タイルカーペットはオフィスでよく使用されていますが、色柄が豊富、張り方次第でおしゃれなオフィスに仕上げることも可能にするのが店舗デザインに特化している会社です。

リニューアルする際にも、誰しもが目線を下に落とすため、素材感や温かみを味わえる床なら、その店舗に興味を示すキッカケになり得ます。

そこに耐久性や耐水性、断熱性や防炎性において優れた素材などを加味すれば、スタッフにとってもありがたい内装になるのではないでしょうか。

このように床にこだわってみるのはありではないでしょうか。

 

店舗をデザインしている会社に依頼して、繁盛店にするためにはデザインだけではなく、床の材質にこだわることもよい方法です。

そこで働くスタッフが動きやすく、掃除もしやすい魅力もありますし客にとってはおしゃれな模様などのデザインから店舗に興味を示すようです。




サイト内検索
東京の店舗デザイン会社一覧!
記事一覧