【東京の店舗デザイン会社おすすめ5選!】店舗内装やお店の建築設計・施工に評判の業者を厳選!

おしゃれに見える店舗デザインのポイント

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/07/30

東京にはさまざまな店舗ありますが、ほかの店舗よりもおしゃれに見せることでお客さんをたくさん集めることが可能になるでしょう。

とはいえ、やみくもにデザインを業者に依頼してもおしゃれになるかはわかりません。

そこで、どのようなデザインがおしゃれに見えるか考えていきましょう。

木造りの店舗にすることでオシャレを強調する

おしゃれなデザインの一つは、木造りの店舗にすることです。一般的な店舗は、人工的な壁紙やコンクリートの壁が使われていることが多いです。

確かに、何も加工しない場合はシンプルに、そして壁紙を貼り付ける場合はきれいに仕上げることが可能になるだけでなく、お金もそれほどかからないのが特徴になります。ですが、それらが必ずしも集客につながるかといえば決してそのようなことはないでしょう。

そこで、あえて部屋の中を木造りにすることで自然のにおいが漂うようなお店にすることも可能です。人間はもともと、自然のものが周りにあると気持ちが落ち着く傾向があります。例えば、お店の入り口を開けた瞬間に木のにおいが漂ってくれば、それだけで心を落ち着かせることができます。

しかも、無骨のようでいて予想以上におしゃれなイメージがあるのが木造りのデザインです。お金は少しかかるかもしれませんが、それだけインパクトを残すことができればデザインだけでも多くの集客に繋がるでしょう。

入り口をオープンにしておく

お店の中で重要なのは、入り口の部分になります。入り口部分を見たときに、入りにくそうならばわざわざその店を選んで中に入ることはないはずです。ですが、入り口部分がおしゃれならば、お店に入ろうかどうか迷ったときでも思わずお店の中に吸い込まれるように入ってしまうかもしれません。

では、どのような形が魅力的かといえば、入り口付近をオープンにすることです。特に個人の店の場合には、外から見ただけでは内側の様子がわからず不安になってしまうこともあるでしょう。ですが、あえてガラスを多めにして入口の間口部分を広げておけば、外からも中の様子をうかがえるため安心して中に入ることができます。

ただ、商売によっては中のお客さんにも配慮することを忘れてはいけません。例えば美容室の場合には店内の全体を見ることができても、お客さんのプライバシーを保つだけの内装にすることが重要です。もちろんお客さんの中には、外の人に見られたいと感じる人もいますので、座席ごとに目立つ場所と目立たない場所に分けておくことも必要です。このように、いくつかのお客さんのタイプをうまく取り込むことで、お店の経営に成功することが可能になります。

個性的なデザインを取り入れる

お店の中をおしゃれに見せるためには、個性的なデザインも重要になります。例えば、イタリア料理店を営む場合には、イタリアのイメージカラーをふんだんに利用したデザインにするのも一つの方法です。ふつうは、イタリアの国旗などが飾ってありイタリアを代表する写真が何枚か飾られている程度ですが、さらにイタリアらしさを追求して家具なども現地から取り寄せることで本格的なお店ができあがります。

人間は、普段から無意識のうちに五感を働かせており、それぞれの感覚からイタリアらしさを感じることができれば、お店の扉を開いた瞬間に異次元の空間が飛び出すようになります。これは日本料理でも中華料理でも同じですが、徹底してこだわることでほかにはないものを作り出すことが可能になるでしょう。

 

東京にはさまざまな店舗がありますが、店舗デザインを考える場合木造りのデザインにして温かみを強調してみてもよいかもしれません。また、入り口をオープンにすることで、外から見やすくする工夫も大事です。ただ、中にいるお客さんのプライバシーは十分に守られるように配慮しなければなりません。

さらには、イタリア料理店を営む場合には徹底してイタリアのものにこだわりましょう。家具なども現地から取り寄せるぐらいのこだわりが必要です。このように、おしゃれなデザインを設計すれば他店に勝つことは十分可能になります。

東京の店舗デザイン会社一覧!
株式会社山翠舎の画像
記事一覧