【東京の店舗デザイン会社おすすめ5選!】店舗内装やお店の建築設計・施工に評判の業者を厳選!

店舗内装デザインを自分で考えてDIYすることは可能?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/09/27

『お店を持つのなら理想とするデザインをすべて叶えたい』という場合は、店舗デザインを自分で考えるのもよいでしょう。ただし、すべてを自分でDIYするのは難しいため、ある程度は業者に依頼する必要はあります。東京にはいろいろな業者があるので、DIYで手直しするのに適した店舗デザインをしてくれるところが、きっと見つかるはずです。

自分でおこなえることをきちんと把握しておく

壁紙を工夫したり、棚を取り付けたりなど、自分でおこなえることはたくさんあります。ただし、それなりに器用さは求められるので、まずは自分が何をできるのか、しっかりと考えるようにしましょう。

せっかく頑張ったとしても、見た目がよくない状態で完成してしまったのでは、理想のイメージとはいえないはずです。そのため、まずはDIYの書籍を購入して、さまざまな作業をチェックし『やれること』と『やれないこと』をハッキリとさせておきましょう。

なお、スムーズに店舗デザインをするためには、危険な道具を使わなければいけない場合もあります。例えば、電気ノコギリを使えばすぐに終わる切断作業も、普通のノコギリでは、かなり時間がかかってしまいます。

そのため簡単な作業だと考えずに、道具が使えるかどうかも『やれること』と『やれないこと』の判断材料にしましょう。もちろん、いくら時間がかかってもよいのなら、便利な道具はまったく必要がありません。

業者にやってもらうべきこともある

本職として働いていたことがあるのならば別ですが、建物自体を作ることは業者にやってもらわなければいけません。外観も内観もすべてコントロールしたい方は、建物自体作りたいと考えるかもしれませんが、知識がなければとても難しいです。

現在では、建物自体をDIYする方法も簡単に調べられますが、お店を営業するのが目的ならば、あまりおすすめできません。外観のデザインはプロに任せて、施工もおこなってもらったほうがよいでしょう。

なお、店舗デザインをするうえで、電気工事など、資格がなければおこなえない作業もあります。それらを自らやってしまうと、作業中はもちろん、終わったあとも火事などの危険性があるので絶対にやめましょう。

業者と話し合いをしてどこまで自分でやるか決めよう

最初から最後まで、自分ひとりで店舗デザインをするのは、とても難しいことです。そのため、とりあえずでも業者と話し合いをして、理想とするお店にするためには、どのようなことが必要なのか聞いておきましょう。

その中に自分でやれそうなものがあるのなら、DIYをおこなうことにしましょう。開店する時期が決まっているのなら、考えている時間はもったいないので、プロの意見を聞くのも大切です。

 

自分でDIYをやれる範囲はたくさんあるので、頑張れば、理想とするイメージに近づけることは可能です。業者にお願いしなければいけない範囲と、自分でおこなえる範囲をしっかりと見極めたうえで、作業を始めると、スムーズに店舗デザインができるでしょう。

細かいところにも、ばっちりとこだわれるので、お客様に自慢できる店舗作りがおこなえます。なお、理想の店舗デザインを叶えるためにDIYをおこなうのはよいのですが、費用をケチるためにやってしまうと、損をしてしまう可能性があります。

それは、慣れない作業をやるくらいなら、本職で稼いで、プロに頼んだほうがずっと得になる場合が多いからです。時間があるのなら別ですが、開店の準備などで忙しいのなら、プロに頼むことをおすすめします。それでも、自分でやりたいと考えるのなら、いろいろな工夫を楽しみながら、店舗デザインをおこなっていきましょう。

東京の店舗デザイン会社一覧!
株式会社山翠舎の画像
記事一覧