【東京の店舗デザイン会社おすすめ5選!】店舗内装やお店の建築設計・施工に評判の業者を厳選!

飲食店の店舗デザインを考えるポイントは?

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/02/28

店舗を設置する際の店内のデザインはかなり慎重に行う必要がありますが、基本的にはプロに頼んでも自分で施術してもどちらでも大丈夫だといえます。

しかし、特に飲食店などは色彩が食欲に影響を与える場合などがあるため、なるべく専門のプロの力を借りたほうが早いです。

また、自分で設置する際は根気も必要ですが、衛生面や安全性に十分配慮し、さらに色彩心理も事前に学んでおいた方がより有利になります。

 

プロに任せても自己流でも構わないことが多い

新しくお店を設置して営業をはじめようとする場合は、店舗デザインなどはなるべくプロに任せた方がいいかもしれません

勿論、自分ですべて完成させてしまうというやり方も正解で、自己流の場合は価格的にも安く設定できる上、自由に改造することが可能です。

しかし、特に飲食店などの場合は、直接の食欲などは色彩に強く影響する場合があったり、安全面でも独特の注意点が必要な場合もありますから、どちらかというとプロに任せてしまったほうがスピードとしては早く完成させることが可能かもしれません。

自己流で仕上げたい場合は時間はかかるかもしれませんが、ユーチューブなどのインターネット動画などで、十分に情報収集は可能です。

色彩面や衛生面での配慮が大変重要になることが多い

プロの場合は、インテリアにおける色彩心理学接客の際の便利さなどを完璧に学んで応用しているところが多く、素晴らしい空間を構築してくれる場合が多いです。

また、飲食店のインテリアなどの場合は色彩面だけではなく、日当たりや風通しも十分に注意する必要があります。

集客面でのこだわりもありますが、日当たりや風通しにこだわることは、衛生面での安全性を高めてくれる可能性が高いです。

どれだけ素晴らしいインテリアを作成できたとしても、日当たりが悪ければカビが生えやすくなったりもしますから、設計の際は十分な経験と先見性も必須になります。

成功させるためには集客も大切で決して手を抜けない

また、お店のインテリアやコンセプトが素晴らしいと大きな話題になり、集客効果もアップする可能性も否定できません。

飲食店の場合は商品がおいしければ大丈夫とイメージしやすいですが、やはりおいしい食べ物や飲み物を提示する空間自体の演出さりげない接客もとても重要になってきます。

飲食店の経営は特に、一種のエンターテインメント性のコントロール、という一面が強いといえるかもしれません。

 

飲食店を成功させる場合は、出す商品だけではなく、全体のイメージやインテリアにも気を抜いてはいけない場合が多いです。

むしろイメージ作りに成功すると大きな集客ができる可能性があり、最近は色彩心理を取り入れたインテリアなども高い評価を受けています。

そして、出来上がったインテリアの素晴らしさをインターネットのホームページに掲載してしっかりと宣伝することも可能な時代になりました。

ただし、あまりにインテリアが華美になりすぎたり、使用する色彩が強烈すぎて商品が脇役になってしまったりするようなことにならないよう注意が必要です。

あくまでも主役は出される飲み物や料理ですから、総合的なバランスをしっかりと考慮してお店全体を作成していく必要があります。

熟練したプロに頼むと、商品の魅力を上手に引き立ててくれるデザインを見つけて作成してくれる場合が多いため、まずは魅力的なデザイナーを見つけることから始める、ということも大切です。

また、評判の高いインテリアデザイナーの場合は、依頼するときにかなり高価になったり、予約が取れなかったりすることもありますから、根気強く自分たちの希望を伝えアプローチしていくことが大切になってきます。

 

東京の店舗デザイン会社一覧!
株式会社山翠舎の画像
記事一覧