【東京の店舗デザイン会社おすすめ5選!】店舗内装やお店の建築設計・施工に評判の業者を厳選!

店舗デザインは集客に大きく響くので慎重に決めよう

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/06/26

東京でお店を立ち上げるときや新しくリニューアルするときには、店舗デザインが重要になります。

店舗デザインは、顧客心理なども考えなければいけませんので、何も知識のない素人が突然デザインを考えても結果を出すのが難しいです。

そこで、どのような店舗デザインがよいかを設計士とともに慎重に決めていく必要があります。

 

設計をするときに気をつけるべきこと

店舗デザインをする場合には、まず設計からスタートしなければいけません。設計図のない状態で店舗デザインをすることができないからです。

ただ、設計するといってもお店のコンセプトに合わせたものを作らなければならないでしょう。たとえば、不特定多数のお客さんをたくさん集めるお店にしたい場合には可能なかぎり目立つようにする必要があります。一方で、隠れ家的なお店にしたい場合には目立ってはだめで、むしろ目立たないような造りにしなければいけません。

お店の中も、どのような客層を入れるかによりデザインが決まってきます。たとえば女性を集客したいならば、清潔感のある美しいデザインにすることが重要になります。

また、シンプルでありながらどこかおしゃれなお店にすることでたくさんのお客さんを集めることができるでしょう。一方で、男性を集客するならば遊び心があるお店にする必要があります。入るだけで楽しそうなお店にすると、男性客がより多く訪れるでしょう。

 

設計士とやり取りするときのポイント

慎重にデザインをおこないたい場合には、設計士選びも慎重におこなわなければいけません。いわゆる、デザインをしてくれる人のことを設計士と呼びますがその人によって得意なものが大きく異なります。

たとえば、大衆向けの設計をしたい場合には大衆向けの設計を得意としている設計士を選ぶことが重要です。逆に、商品の値段が高めでお金持ちのお客さんを集めたい場合には高級感あふれる設計ができる人を選ぶ必要があります。

設計をする場合には、何度か打ち合わせをすることが必要になりますので、可能なかぎりお店の近くに事務所を構えている設計士がよいです。何かあった場合、すぐに相談し対面して話すことができるからです。

後は、その設計事務所でどこまでおこなってくれるかも知っておかなければなりません。設計事務所の中でも、デザイン設計だけでなく店舗のロゴやパッケージデザインなども同時に手掛けているところもあります。また設計士事務所とリフォーム業者がつながっていれば、一連の流れの中でお店を完成させることも可能になります。

 

着工し始めてからも見学を可能なかぎりおこなう

設計士と契約をすることになり、デザインがおおむね決まったならば、いよいよ工事がスタートします。スタートした後も、可能なかぎりそこに立ち会うことが重要です。

基本的には設計士に任せているものの、細かい要望などがあればその場で話すことでより希望に近いものを造ってくれます。完成に近付いたら、お店の営業に必要なものがすべて整っているかを確認することが必要です。

費用に関しては、途中で変更する可能性はないかも確認しておく必要があります。中には、見積もりの段階だけは安く設定しており、途中で追加料金を請求してくるようなところもあります。

そのため、事前に口コミや評判なども確認しより取引しやすいところを選ぶべきです。

 

店舗デザインは集客に大きく影響します。そのため、より専門的な知識を持った設計士にお願いすることが重要です。

設計士を選ぶときには、自分が理想としている店舗に仕上げてくれる人を選びましょう。何度か設計の打ち合わせをする中で、要望などが変わってくることがあるため、その都度設計師士に伝えられるようにします。

着工し始めてからも、時折現場を見に行く必要があります。このとき、理想通りにでき上がっているかを確認し、もし理想と少し異なればその都度要望を伝えることが大事です。




サイト内検索
東京の店舗デザイン会社一覧!
株式会社山翠舎の画像
記事一覧